ニキビができる原因

このサイトでは、ニキビができる原因について説明します。

ニキビは、思春期頃に出始めますが、大人になっても繰り返すニキビに悩む人は少なくありません。ニキビができる原因は、思春期であっても大人であっても、毛穴の入口に何らかの理由で角質が増殖し、皮脂がスムーズに排出できなくなって詰まってしまうことです。そして、詰まった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症が悪化します。

ストレスニキビができやすい場所は、顔、胸元、背中などです。これらの場所に共通するのは、皮脂分泌が活発であることです。それらの部位の皮脂分泌が活発になり、脂性になることがニキビの始まりです。皮脂分泌の活発化には、成長ホルモン、男性ホルモン、ストレス、黄体ホルモンが関与しています。そして、新陳代謝が低下したりホルモンの影響により、毛穴が詰まり、ニキビができるのです。また、過剰な刺激によって肌が固くなり、皮脂が排出されにくくなることもあります。

できればニキビができないようにしたいものです。なるべくニキビができるのを防ぐためには、上述したようにニキビの原因となるホルモン分泌を整える生活習慣を心がけること。そして、ニキビができてしまったら早めのケアで悪化を防ぎましょう。