スキンケア方法

ニキビができると、何かをつけてすぐに治したいという気持ちになる人もいるでしょう。しかし、何かをつける前に、不要なものを適切に取り除くことがニキビ対策として効果的です。このサイトではまず、ニキビができてしまったときのスキンケアで重要な、洗顔方法について説明します。

洗顔まず、顔を洗う前に手を洗います。意外とこのプロセスを行っていない人もいるでしょう。手は、いろいろなものを触っており、体の中でもたくさんの菌が付着している部位のひとつです。顔をきれいにするための手が汚れていては、そこに付着した菌を顔につけてしまうこととなり本末転倒です。そして、メイクをしている場合はクレンジング剤をつけてやさしくメイクを落とします。次に、水か体温くらいのお湯で素洗いをします。温度の高いお湯で洗うと、必要な皮脂まで落としてしまいさらに皮脂を増やす原因になりますので注意が必要です。そして、洗顔料などをつけて優しく洗い、最後に30回くらいぬるま湯をかけて流します。この流すというプロセスの回数が今まで不十分だったと感じる人もいるでしょう。洗い終わったら、清潔なタオルで優しく押さえるようにして水分をふき取り、化粧水で保湿します。

どんな成分が入ったスキンケア商品を使うかも大切ですが、まずは、その前段階の洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。適切な洗顔を行うことで、スキンケア商品が十分に効果を発揮できる土台ができるのです。