スキンケア方法

ニキビができると、何かをつけてすぐに治したいという気持ちになる人もいるでしょう。しかし、何かをつける前に、不要なものを適切に取り除くことがニキビ対策として効果的です。このサイトではまず、ニキビができてしまったときのスキンケアで重要な、洗顔方法について説明します。

洗顔まず、顔を洗う前に手を洗います。意外とこのプロセスを行っていない人もいるでしょう。手は、いろいろなものを触っており、体の中でもたくさんの菌が付着している部位のひとつです。顔をきれいにするための手が汚れていては、そこに付着した菌を顔につけてしまうこととなり本末転倒です。そして、メイクをしている場合はクレンジング剤をつけてやさしくメイクを落とします。次に、水か体温くらいのお湯で素洗いをします。温度の高いお湯で洗うと、必要な皮脂まで落としてしまいさらに皮脂を増やす原因になりますので注意が必要です。そして、洗顔料などをつけて優しく洗い、最後に30回くらいぬるま湯をかけて流します。この流すというプロセスの回数が今まで不十分だったと感じる人もいるでしょう。洗い終わったら、清潔なタオルで優しく押さえるようにして水分をふき取り、化粧水で保湿します。

どんな成分が入ったスキンケア商品を使うかも大切ですが、まずは、その前段階の洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。適切な洗顔を行うことで、スキンケア商品が十分に効果を発揮できる土台ができるのです。

ニキビができる原因

このサイトでは、ニキビができる原因について説明します。

ニキビは、思春期頃に出始めますが、大人になっても繰り返すニキビに悩む人は少なくありません。ニキビができる原因は、思春期であっても大人であっても、毛穴の入口に何らかの理由で角質が増殖し、皮脂がスムーズに排出できなくなって詰まってしまうことです。そして、詰まった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症が悪化します。

ストレスニキビができやすい場所は、顔、胸元、背中などです。これらの場所に共通するのは、皮脂分泌が活発であることです。それらの部位の皮脂分泌が活発になり、脂性になることがニキビの始まりです。皮脂分泌の活発化には、成長ホルモン、男性ホルモン、ストレス、黄体ホルモンが関与しています。そして、新陳代謝が低下したりホルモンの影響により、毛穴が詰まり、ニキビができるのです。また、過剰な刺激によって肌が固くなり、皮脂が排出されにくくなることもあります。

できればニキビができないようにしたいものです。なるべくニキビができるのを防ぐためには、上述したようにニキビの原因となるホルモン分泌を整える生活習慣を心がけること。そして、ニキビができてしまったら早めのケアで悪化を防ぎましょう。

ニキビのスキンケア対策

顔や背中、胸元のニキビで悩んでいる人は多いでしょう。さらにはお尻や鼻の穴の中など、目立たないけれど日常生活の中で支障のある部分にニキビができやすく、なんとかしたいと思っている人もいるものです。また、「20歳を過ぎたらニキビではなくて吹き出物」といった言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。しかし、現在では、皮膚科の医師の多くも思春期ニキビと大人ニキビがあると認識しています。

スキンケア思春期ニキビとは、思春期に入って分泌量が大幅に増える性ホルモンの影響により皮脂の分泌量が多くなることが原因でできるものです。思春期ニキビができやすい場所としては髪の生え際やおでこ、眉間、鼻などのTゾーンです。

大人ニキビもやはりホルモンバランスが関係していますが、仕事などのストレスや睡眠不足等が影響していることも多くあります。大人ニキビができやすい場所としては、口の周り、顎、フェイスラインなどです。

しかし、今挙げた以外の部分にニキビができないわけではありません。ニキビは、原因とスキンケア方法を知っていれば、予防したり、できてしまっても軽く済ませることができます。このサイトでは、ニキビの原因とスキンケア方法について説明していますので、参考にしていただければ幸いです。また、自宅でできるスキンケアを試しても改善せず、悪化する場合は、ニキビではなく他の吹き出物の可能性もありますので、その場合には皮膚科を受診することをお勧めをします。